【超便利!】Amazonの注文履歴をExcelで一覧表示する方法(アマゾン注文履歴フィルタ)

どうも、おぎくぼです。

今回はAmazonの注文履歴をExcelで一覧表示する方法について紹介します。

使用するのは「アマゾン注文履歴フィルタ」というGoogle Chromeの拡張機能です。

Chromeの拡張機能が分からなくても問題ないです。

とても簡単にできるので一緒にやってみましょう!

*Chromeの拡張機能の詳しい解説は別の記事を出します。

アマゾン注文履歴フィルタを追加

「アマゾン注文履歴フィルタ」の拡張機能を追加したいので、Chrome(ブラウザ)を開き、Chromeウェブストアを開きましょう!

*Chromeでしかできません。ブラウザを変更またはインストールしてください。(インストールはこちらかから

Chromeウェブストアを開く

まず左上のアプリと書いてあるところをクリックします。

するとこのような画面↓に遷移します。

ここでウェブストアを選択してください。簡単ですね。

アマゾン注文履歴フィルタを検索→追加

ウェブストアを開けたので、次はアマゾン注文履歴フィルタを検索し、追加して使えるようにしましょう。

まず検索ボックスに「アマゾン注文履歴フィルタ」と入れて検索しましょう。

先頭に出てくるはずなので「Chromeに追加」の青いボタンを押してください。

ポップアップウィンドウが出てくるので、「拡張機能を追加」を選択してください。

これで追加完了です!!!!簡単ですね。

あとはAmazonを開いたら使用できます。やったー!

アマゾン注文履歴フィルタを使おう

Amazonでログインし、注文履歴のページを開いてください。

拡張機能を追加しただけで、今までなかったオレンジの部分↓が出てきました。

ここで自分の取得したい注文履歴を選択します。
*対象月選択は必ずしないと動かないようです。

選択し、注文履歴があったら右側「領収書印刷画面」のボタンの色が変わります。ここをクリックします。

少し待ち時間があります。これは選択した期間の領収書を取得している時間です。

終了すると領収書が出てきます。「あれ?Excelは?」って思いました?

安心してください。この拡張機能は領収書の一括印刷もできるんです。おそらくこれがメインの機能かなと思います。

それはさておき、ページ右上の「注文履歴CSV(参考用)ダウンロード」を選択してください。

これでCSVファイルをダウンロードできます。あとはこれを開くだけです。簡単ですね。

開いたExcelの画面をキャプチャして貼りたかったのですが、個人情報が多いので割愛させていただきます。

まとめ

今回は「アマゾン注文履歴フィルタ」の拡張機能を使用して、Amazonの注文履歴をExcelで一覧表示する方法について紹介しました。

とても便利な機能なので是非使ってみてください。

また他にも便利な拡張機能がたくさんあるので、調べてみたら面白いかもしれません。

機会があったら紹介します。

ではまた。