OGIKUBO.rentalの狙いと今後について書いてみる

どうも、おぎくぼです。

今回はOGIKUBO.rentalの狙いと今後について書いてみたいと思います。

うまくまとめられるか不安ですが、なんとなく理解してもらえたら嬉しいです。

OGIKUBO.rentalとは

そもそもOGIKUBO.rentalとはその名の通り、おぎくぼ(私)を1時間あたりの料金でレンタルできるサービスです。

簡単にいうとなんでも屋さんみたいなことをやっています。

興味のある方はサイトに遊びに来てください。

https://ogikubo-rental.com

また何か助けが必要なときは、お問い合わせいただければ、どんなことでもやらせていただきます。お問い合わせお待ちしております。

こちらからコンタクトページに遷移できます。

始めたきっかけ

では、本題に入ります。まずはレンタルサービスを始めたきっかけを紹介します。

始めたきっかけは、Web制作の案件が欲しかったからです。(この記事ではWeb制作をホームページやブログサイトの作成をすることとします。)

Web制作の案件が欲しいのにレンタルサービス?と疑問に感じると思いますが、ちゃんと作戦があります。しばしお付き合いください。

なぜレンタルサービス?

レンタルサービスを選択した主な理由を紹介します。

  1. 簡単に始められる
  2. ニーズがありそう
  3. 業界関係ない

簡単に始められる

レンタルサービスなら、体ひとつあればいつでも始めることができます。

それに特に準備するものも、スキルも必要ありません。

さらにどんなビジネスを展開していくか考える必要がありません。だって言われたことやってればいいんだもん。

「レンタルサービス始めます!」とSNSで発信した瞬間からもうできるんです。

すごいでしょ。

ニーズがありそう

コロナウイルスが流行している、だから仕事がない。

確かに正規雇用の仕事はないと思います。これから世の中がどうなるのか不透明な中、簡単に首を切れない人を雇うのはリスキーです。

ではいつでも切れる、助けが欲しいときだけ手伝ってくれる人がいたらどうでしょう。

意外とニーズありそうですよね。

コロナだからこそ、こんな働き方もありなんじゃないかなとか思ったりしてます。

業界関係ない

レンタルサービスには、特にこれといった業界がなく、どんな業界にも飛び込んでいけます。

ということは、いろいろな仕事や人に出会う機会があります。

業界を跨げるレンタルすごい。

つまり

上記で述べたようにレンタルサービスは簡単に始められ、ニーズがありそうで、業界が様々でビジネスの対象がかなり広いです。

つまり、案件を獲得するハードルがかなり低いわけです。

何事も0→1がなかなか難しいですが、レンタルサービスは比較的容易です。

まず何かしらのお仕事を任せてもらうことが大切です。

仕事を任せてもらうには…

仕事を任せてもらうには、まずはお互いの信頼関係がないと成立しません。これは至極当然なことです。

特に数万、数十万といった大きいお金が動くとなると、さらに信頼が必要ですね。

詰まるところ、たとえ営業をしまくっても、信頼がないとお仕事はいただけないわけです。

いきなり「ホームページ作りませんか?」なんて言われたって、「君、誰?」って感じですよね。

「私は〜こういうものです!」と自分についていくら説明をしたところで、信頼に至るような確信を相手に持ってもらうことは非常に難しいと思います。

では、どうすれば信頼してもらえるのでしょうか?

とにかくなんでもやる

レンタルサービスで、まずはなんでもやります。やらせてください。とりあえずなんでもいいので、真面目に仕事をこなします。

すると依頼人は「あ、この人ちゃんと仕事してくれるな〜」と感じます。

そして信頼を獲得します。(もちろん簡単にいかないこともあります…)

ここまでのプロセスが非常に重要です。

ここまできて、やっと「ホームページありますか?よかったら作りますよ!」みたいな提案が通用するのです。

ただガムシャラに「Web制作のお仕事ください!」と営業をかけるのではなく、まずはどんなことでもいいので仕事をこなし、信頼してもらう。

それからアプローチしたほうが、相手からyesが引き出しやすくなるはずです。

これが私が考えた自分が本当にやりたいお仕事をいただくための作戦です。

レンタルサービスはただの入り口に過ぎないのです。

この作戦でお仕事がもらえるかはわかりません。でもきっと今後には繋がるはずです。

種はまかれた

もしサイト作成の提案をしてみて断られたとしても、提案したことに意味があるはずです。

誰かがサイトを作りたいとき「知り合いにサイト作れる人がいるよ」みたいな感じで、きっと紹介してくれるはずです。

もしかしたら、数年後に依頼してくれるかもしれません。

信頼を獲得し、Webサイトを作れる人と認識してもらえた時点で、私は種をまくことに成功したのです。

あとは発芽するのか、それとも土の中で腐るのかはわかりませんが、何もしないよりも確実に進歩があります。

このようなに仕事が生まれていく種をまくことがOGIKUBO.rentalの狙いであります。

今後について

まずは現状について簡単に紹介します。

現在完了済みのお仕事は4件、進行中のお仕事が1件です。

完了したお仕事は荷物運びやパーソナルトレーニングで、進行中のお仕事はなんとホームページ作成です。

やっとWeb制作のお仕事がきました!嬉しい限りです。

ただ、1人だとキャパオーバーになりそう…というか現状かなりきついです。

なので、今後はいろいろな人に仕事をお願いしていきたいと思います。

一緒に働きませんか?

現在一緒に仕事しているのはデザイナーさん1人です。

デザインさえできていれば私が実装できるので、デザイナーさんを最低でもあと1人は増やしたいです。

あと他に欲しい人材は、営業・カメラマン・コーダー(HTML/CSSで十分)あたりです。

もし、自分できます!という方がいましたら、お気軽に連絡ください。

仕事があればお願いできるかもしれません。

私と一緒に働きませんか?

長期的にはチームを作りたい

現状ではOGIKUBO.rentalとして、おぎくぼをレンタルできるサービスですが、お仕事をたくさんいただけるようになり、ある程度利益がではじめたらチームで仕事をしたいです。

そしてそのチームは実務未経験の人、駆け出しの人で構成したいです。

実務未経験のエンジニア・デザイナー・営業・カメラマン…

この話は長くなりそうなので、またの機会に記事をかけたらいいなと思います。

とりあえず「なんで実務未経験で構成したいの?」という疑問を残してこの記事は終わりにします。

では、また。