【結果報告】全日本ベンチin福岡に出場しました。

どうも、おぎくぼです。

久しぶりの更新です。

私は11月の21、22日に福岡で開催された全日本ベンチプレス選手権大会に出場しました。

この記事では大会の結果報告をしたいと思います。

また今回の大会は私のベンチプレス競技人生で最も印象的な大会となったので、大会を改めて振り返ってみたいと思います。

まずはじめに

まずはじめに、今大会に関係する方々へ、感謝の言葉を述べたいと思います。

コロナウイルスの蔓延で大変な世の中ですが、大会を開催していただいた協会の皆様、ありがとうございました。

お忙しい中、大会の補助員をしていただいた、九州国際大学ウエイトリフティング部の皆様、ありがとうございました。

最高のセンター補助をしていただいた、鈴木祐輔さん、村野さん、ありがとうございました。

今大会を迎えるにあたって、練習の補助や試合のアップ、そしてセコンドとしてサポートしてくれた仲間の皆様、ありがとうございました。

私を応援し、励まし、勇気付けてくれた多くの方々、ありがとうございました。

結果

83kg級(ジュニアと一般のダブルエントリー)

検量体重 81.85kg

記録 230kg
230kg  ○
247.5kg ×
250kg  ×

ジュニア 2位
一般 4位

大会を振り返って…

改めて大会を振り返ってみると、とても悔しいですが楽しかったです。

大学2年生の夏からこの競技を始めて、3回目の全日本で初めて悔しいという感情が湧きました。

それは私に感情がないということではなく、ただ勝負ができていなかったからです。

初出場のときは1位の選手との差が大きく、2度目の去年は敵がおらず。

今回はやっと勝負することができました。試技のときはとても興奮し、ベンチプレス競技を心の底から楽しんでいました。

結果としては負けてしまったので悔しく、苦い思い出ですが、来年リベンジするという目標ができたので、とても良い機会になったと思います。

負けを知ることで強くなれる気がするので、この敗北をバネに、これからも競技に取り組みます。

そして来年は300kgの戦いをしたいです。

以上!結果報告&振り返りでした!

ではまた。