【WordPress】記事数を制限して表示する方法をやってみた。

どうも、おぎくぼです。

今回は記事数を制限して表示する機能を追加したので簡単に解説します。

記事数を制限する機能はかなり幅広く使われます。

管理画面から通常の記事の表示数に制限をかけることはできるのですが、その他はコードを書かないと実装できないようです。(できたらすみません。)

あまり難しいコードではないので、怖がらず一緒にみていきましょう!

コードを確認

今回書いたコードはこんな感じです。(コードが汚いとか言ったらぶつよ。)

少しずつ分けて簡単に解説していきます。

記事数の制限

記事数を制限しているコードは以下です。

こちらのpost_per_pageで表示数を変更できます。今回は3記事なので3が入っています。

ここは好きな数字にしてください。

そもそもpost_per_pageとはなんぞやと。そんな方はWordPress Codexさんに聞いてみましょう!関数リファレンス/WP Queryを参照してください。

とりあえず3記事だよってやつを$argsに保存します。

記事の取得とループ

get_posts()で記事を取得し、post_per_pageで3記事取得したものが入ります。それを$postsに保存します。

そしてループ処理。foreach ( $posts as $post );で$postsに入っている記事を$postに渡します。(これは全部で3記事ですね)

そしてsetup_postdata( $post )で「WordPressさん、この記事を使いますね。」って伝えます。

正直setup_postdata()の理解が曖昧なので、ちゃんと知りたい方はWordPress Codexさんに聞いてください。(関数リファレンス/setup postdata

これでループが始まります。

ループされるやーつ

こいつらがループされます。大事なのはthe_permalink()で記事のURLを取得しているところです。

それ以外はHTMLなので割愛します。

ループ終了

これでループ終了。お疲れ様です。endforeach;で閉じるのを忘れないように!

あとwp_reset_postdata();も大切なので忘れないように!これを書いて$postをデフォルトに戻します。

書かなくても動くけど後々変な挙動を起こしたらめんどいので、ちゃんと書いた方がいいです。

まとめ

今回は表示する記事数を制限する機能について解説しました。

意外と簡単ですよね。

これからも機能を追加するたびにレポートを書いていくので、興味があったらまた読んでみてください。

ではまた。